滝沢秀明さん、社長就任!ジャニーズ事務所関連会社のトップに!

タッキー社長爆誕!

昨年大みそかにタレントを引退した
タッキーこと滝沢秀明さん36歳が、15日付けでジャニーズアイランド社の社長に就任したことが16日にわかりました!




ジャニーズ事務所の関連会社として、東西で300人いるジャニーズJr.の育成・プロデュースそして新人の発掘を手掛けるようです。
早速ジャニーズJr.のユニット3組の単独コンサートを演出する事を発表したタッキー社長は
「僕が見てきた良い景色を彼らにも見せたい」と誓いました。
また、【滝沢秀明 代表取締役社長】と書かれた名刺を取り出し、名刺を作ったのは初めてで、社長の実感はしないですねとコメント。
ロゴは、白抜きのJを赤丸で囲ったジャニーズ事務所に対して青丸で囲い、Jの左上に希望の星(ジャニーズJr.)をあずかる意味で☆をつけています。

会長にはジャニー喜多川社長が就任。
社長としてのスタンスを「YOUが決めて」と一任されたタッキー社長は、ジャニーさんの思いを継承する事を宣言しました。

3組のユニット

早速新たな取り組みを始めたタッキー社長。ジャニーズJr.のユニット
【Snow Man】
向井康二(24)、目黒蓮(21)、村上真都ラウール(15)を加えた9人体制に。
【SixTONES】
【Travis Japan】
この3組が3月に横浜アリーナで単独公演を行う事が決まっています。
演出は社長自ら行うということです。

今後のプラン

東西合わせて12ユニット、300人のJr.たちについて
今までのような、CDデビューという形ではなく、配信デビューもひとつの手段と考えているだけでなく
グッズ販売をしているジャニーズショップのJr.版の出店、ウェブ番組の制作、海外進出も視野に入れていて、今後の展開に目が離せません。



コメント