2019年、平成最後の福男選びの2番福はお笑い芸人!

西宮神社で10日早朝、毎年恒例の
開門神事福男選びが行われました。

参加者は約5000人で、見事一番福となったのは広島県福山市在住の消防士・山本優希さん22歳。
初参加ながら前夜の抽選で8番を引いて最前列に並べたそうです。

よく、一番福より二番福が良い事があるという噂を聞きますが

そんな二番福は兵庫西宮市在住の伊丹祐貴さん30歳。
なんとお笑い芸人で、M―1グランプリ2018で優勝した霜降り明星の粗品さんと親友らしいです。




コンビを組んではいたものの解散し、昨年からピン芸人として活動しているとのこと。

コメント